帰ってきた私の自転車
3月の終わり頃、あなたの自転車を保管していますという葉書が届く。
読んでみると、1月の半ばに撤去しました。とのこと。

d0004262_1865149.jpgあなたの自転車って、はて?
いつの?と電話をしてみた。
そして、判明。2,3年前の夏の暑い日に盗られた私のくりーむ色の自転車!(忘れもしません。散々お造りを買おうか悩んで、でも自転車ですぐやからと思い切って買って、自転車置き場に行ったら自転車がなかったのだから!恨。)

防犯登録していた(らしい)その自転車を誰かがずっと乗っていたのか、それとも、乗り捨てられてそのままだったのか、定かではないけど、とにかく自転車の鍵は壊されたままで、新しい鍵も付いていないとの事。
取りに行こうと決めたら、待てなくなって、仕事を休んで午後から取りに行く事に決定。



初めての場所へ、知らない道をてくてく歩いて行きました。(一駅だし歩けるかなと)

d0004262_1813619.jpg






d0004262_1816373.jpg少し、丘をあがっていったので、途中、回りの景色も見つつ到着。
自転車を管理しているシルバー人材派遣のおじぃちゃんは、私の事を何度も「おじょうちゃん」と呼びかけるので、びっくりしつつ、おじぃちゃんは、話をしながら空気を入れて油を差し、潰れた鍵もはずして何とか乗れるようにしてくれた。




帰り道、太陽のかくれんぼに遭遇。(勝手にそう思っている)

d0004262_18422072.jpg



行きとは別の、でも、又も知らない全く初めての道を通って帰ったら、
すごくすごく遠回りするはめに。

d0004262_1839393.jpg

でも、おかげでこんな夕陽が見られたので、まぁいいや。しばし眺める。

[PR]
by yumrico | 2006-04-03 23:55
<< 続・早業! すっかりご無沙汰です。 >>