<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Hong Kong:#03 二日目/前
1月2日(日)

朝、目覚めてもやっぱり寒かった。(フリース着て、ハイソックスも履いて、隣のベッドの布団も重ねて寝た位。ツインでよかったと実感。)
*香港は冷房はあっても暖房はほとんどのところで設置してないとの事。
年末、43年振りの寒波だったらしく、現地の人もびっくりする程、寒かったらしい。

c0036288_18412334.jpg(←昨夜買ったgoodmorningloria
CDについてたシール。曲もHP(英語・繁体字/試聴可)もすごくかわいい!)

昼前に外出。とりあえずのご飯は麺!
8ドルのシンプル麺でも旨い!と雑貨の本に載っていたチェーン店が近くにあったので。約112円のその麺は、ほんとーに麺炒めただけ!みたいな代物。
お皿も小さめ。値段の割に美味しいけど、油ぎっしゅでありました。
その後公衆電話を発見したので、香港に滞在中の友にとりあえず電話。
(この公衆電話、オクトパスカードが使えた!)
聞けば九龍(半島)側へ向かっているとの事。私も両替するのに尖沙咀(チムサーチョイ)へ
行く(*尖沙咀は、海を挟んで向かいの九龍側に位置する。)のでチムで会う約束。
で、両替の為、まずは重慶/チョンキンマンションへ。
そこで空港とのレートの差に驚きを通り越してちょっと怒り。空港、悪すぎ!

香港の空港でのレートの悪さは周知の事実らしく、それならクレジットカード等でキャッシングしたほうがマシとは友達談。あそこまで差があるなんて、ほんま有り得ん。

それから友との待ち合わせ場所へ。合流してバスで移動。彼女が予約してくれていた王力宏(ワンリーホン:日本デビューしてまふ。)の新アルバムを取りに行き、甜品屋へ。
そして、念願の本場の芝麻湖/チーマーウー(黒胡麻の汁粉)!それに湯圓(湯丸)/トンユン(米粉のお団子・白玉よりはるかにやわやわ。の中にすった黒ゴマが入っている)!を追加!初試食!!う、うまぃ~~~~~っ!濃い~~!嬉しい~!日本で食べたのとぜんぜんっっ違うし!はぁ~~~。(美味しすぎて一気食いの為、画像なし)
連れて行って貰った甜品屋さん、たぶん一人ではたどり着けないでしょう。(笑)

この後、友は約束があるらしく現地解散。私は又チムへバスで戻る。
c0036288_2244989.jpg

[PR]
by yumrico | 2005-01-21 00:29 | HK1週間
Hong Kong(余談2・本屋)
ネット巡り中に偶然たどり着いたサイトを見てから行きたくて行きたくて仕方のなかった
珈琲・書・音樂と掲げている阿麥書房/Mackie Study(何故に英語名がMackieなのさ?と思ったら、「麥」←この漢字の読みに由来しているとか。
school(単なる講座か)も2・3開講している。)

地図で見る限り、すごくわかり易いのにそれらしき場所にきても見つけられず。
発見してわかった、単に見落としていたと。
あの雑踏の中で、見つけるのは至難の技という位小さな目印を。
c0036288_203215.jpg電線やら色んなものが剥き出しになった1階の壁を見つつ2階へ。ドアをあけると(ちょっと勇気がいった)、想像もしなかった狭さ。お客はいない。
書籍は普通の本屋には置いてなさそなのがずらっと。洋書もチラホラ。
CDは、HK,台湾のインディーズレーベルだけでなく、洋楽や日本のものも所狭しと並んでいた。(演劇音楽のCDも置いてるらしい。)
でも、欲しいCDは予めチェックしていたので、すぐにそれを探す。すると、棚に『試聴できるから言うてね。』みたいな広東語のメモが貼ってあるのを発見。なので、PCに向かっていたお店のスタッフらしき人(にーちゃんかおっちゃんかは微妙なルックス)にその旨伝える。
すぐにポータブルCDで、聴かせてくれたんだけど、暫くすると、「コレはどう?」「じゃあコレは?」と私が聴いていたのと似た感じのCDをチョイスして持ってきてくれる。合間に説明もしてくれるので、私もちょこちょこ質問してみる。(もっと英語が話せたならもっと突っ込んだ話ができたのに。残念。つーか途中何度もゆっくり聴かせてくれよ!と心の中で突っ込む。)

More
[PR]
by yumrico | 2005-01-20 22:45 | HK(その他) 
Hong Kong その他(余談1・宿)
私の泊った宿は、旅館(hostel)。
大きな建物の1階は、スタバや服屋さんなどの店舗で、その合間に入り口がある。
(どこにも旅館なんて書いてない)
暗証番号を押さないとドアは開かないシステム。
1階エレベーター手前には、ビルの管理人のおっちゃんが常時座ってる。
その3階の一室に旅館の受付がある。
建物の中にもいくつもドアがあって、一般の人の住居だった。

初回は、インターホンで話して旅館の人に中へ入れてもらったけど、
次からは、教えてもらった暗証番号で開ける事に。
(それでいいのか?と思うほど簡単な数字の組み合わせ。忘れたら困るから?)

最初通された2階の部屋。シングル料金でツインの部屋だったけど、
外気で部屋は冷え切っているし、TVもないし、シャワー室は余りに小さいし、
おまけに隣の部屋改装工事中やし・・・・ホコリっぽい!外の音も少し気になる!
なので、変えてーと言いに行く。「TVのある部屋でもっと上の階がいい!」

c0036288_2034541.jpgで、シングルの部屋とトイレバスなしツインを見せてもらって、結局トイレバスなしツインにした。
鉄筋格子戸を開けると、ドア(鍵有り)。そしてそのドアを開けると居間みたいな共有スペース。(ソファと大きな冷蔵庫有り。)そこに各部屋へと続くドアが4つ(鍵有り)あって、台所とトイレ・シャワー室。+バスなしの小さなトイレも有。
完全にお家やね。(お家にしたら広いと思うけど。)シャワー室がとても広かったのと、ドレッサーととその台の上にお湯のポットが部屋にあったので、7階のこの部屋に決定した。(それにどらちゃんだよ!笑)
部屋を色々見て回るのに一緒に右往左往した案内してくれたおばちゃんにいきなり「チャイニーズ?」と聞かれる。(ここから始まる中華道。←謎?笑。)
(この建物のエレベーター、1階のみ上行きで、後全階下行き一方通行。防犯の為?なので、非常口から階段で上がったりエレベーター乗ったり。笑)
そのおばちゃんは、3階のトイレバス付シングル(ここはドアを開けると直部屋)を私にとても勧めてくれた。ポイントは、大きな姿見鏡と電話がある事。(でもねー、窓がない部屋だったのよ。絶対イヤだ、窓がないのは。)

More
[PR]
by yumrico | 2005-01-20 21:30 | HK(その他) 
Hong Kong #02 到着/頭痛
同日夕刻、香港着。
ハイネックのセーターなのに暑くない。というか日本からの服装で丁度いい。
(事前にお天気情報を友から教えて貰っていたので、セーターも持ってはきたけど
一抹の不安。つまりそれ位予想以上に寒かったのです。)

空港内で1万円だけ両替。(もっと少しにすればよかった事実は後から判明)
その後、オクトパスカードという交通カード(←コンビニで買い物も可能)を持参して
いたので、rechargeしてもらおうと、窓口へ行ったのに、窓口のおっさんに素早く
refundされてしまう。お金を出しているのに、お金を渡され私閉口・・・・・・・。
いやいや、私追加したいって言うたんやけど。と再度伝えると、あ~ごめんごめん。
でももうrefundしちゃったから変更無理。新しいの買って。と軽ーく言われる。

私が英語を間違ったのかと思って、sorryなどと言いつつフツーに新しいのを買い直して、
すごすごとその場を後にしたけど、バスの中でよくよく考えたら、私間違ってないあるよ!
沸々と怒り込み上げる。謝ってる場合かよ!自分!

c0036288_20373745.jpgその後、空港バスにて香港島・銅鑼灣(トンロウワン)/コーズウェイベイを目指す。元旦の銅鑼灣/コーズウェイベイ、
道路も歩道も混み混み。
空港バスは、バス停と違う場所に停車した模様。故に、私が事前に脳裏にインプットしていた地図は役に立たず。本来なら、バス停から3分で宿(らしい)。
なのに、行き過ぎたのか手前なのかもわからない。見る事がないと思っていた地図を出し、何とか居る場所は把握。
改めて宿を目指したいのだけど、如何せん人が多すぎてさぁ・・・・。
ついでに、仕事が休みのフィリピン人のお手伝いさんが繰り出して来ているので、それもあってか、道は人ひとヒトの山。歩けません!カート引いてなんてとんでもない!!
人の少なそうな道(←勿論知らない道)を探しつつ、時には同じ場所を何度もぐるぐる回りつつ、やっとの思いで宿に到着。30分は余裕で迷っていたはず・・・・。マジ身体冷え冷え。
[PR]
by yumrico | 2005-01-18 02:00 | HK1週間
'05旅初め:Hong Kong:#01 出発
2005年1月1日土曜日朝8時半伊丹発福岡。

*直行便もあったけど、香港着が夜10時頃の便しかなく、よく知らないトコロというのと
乗り継いででも早く着きたいというのと、関空より伊丹の方が近いので、伊丹から国内線に
して焼き鯖寿司を食べようと思いつき、福岡経由で去年、チケットを押さえた。
はーずーなーのーに、
伊丹空港で、何故かマコーズのベーグルサンドを買ってしまった。
寿司のつもりで玄米茶も持参していたのに。(笑)直前で心変わり?自分でも謎。

福岡到着前、雪雲の中を通過するので揺れるというアナウンス通り結構揺れる。

福岡、みぞれ。(前日は雪が降ったとか。)さむっっっ。
国際線乗り場へは無料バスで移動。

c0036288_2323436.jpg一路香港へ!
福岡発の邪留(注:故意に変換ミス)は、しょぼかった。(関空着の復路便と比較)
機内ぼろぼろ。フライトアテンダントもぼろぼろ。
ヘッドフォンをつけても聴けるオーディオプログラムは3つだけ。個人用のTVもついてないので、ゲーム・映画などなどは勿論見れず。(眠かったからいいんだけど)嬉しかったのは、お正月らしくおとそのサービスが。
それと、隣もその隣もそしてその隣も空席。
と、いうことで、いつもあまり撮らない機内食もパチリ。
日系エアのミールサービスはどんなものかとわくわく。(笑)
(海外へはいつも航空会社未定の格安チケットを押さえる為、韓国以外で日系だった試しがない。今回は特典航空券の為タダ。)
c0036288_2384993.jpg
魚をチョイス。デザートは(味はさておき)ティラミス~!白ワインも貰う。後から
オレンジジュースも貰って割って飲む。
ついでに飴ちゃんをもっと後で貰う。

そして、つかの間、ひたすら寝ると(出発前睡眠時間約1時間だった為爆睡)、
香港に着いていた~のであります。
[PR]
by yumrico | 2005-01-18 01:07 | HK1週間