<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Hong Kong #15 七日目/前

1月7日(金)

最後の朝。
坦々麺を滞在中に食べてみたかったのでお店を探すも見つからず。
仕方がないので、前に炒麺と魚のお粥を食べた店へ。(これで3回目)

前回相席になった女性が食べていた季節限定のおいもさんの入ったお粥をオーダー。
(さつまいもみたいに甘い芋と豚肉と人参などの野菜が入っている)
割とこってり濃い味。ちょっと重いかなぁと思いつつ最後だし、やっぱり油條(揚げパン)も途中でオーダー。これがいくら待てども全然こなくて、お粥を半分以上食べたところで、別の店員(おばちゃん)に思い切って声をかける。

d0004262_1651168.jpg「油條」という単語と伝票とテーブルを指さすというジェスチャーだけで、通じ合い(笑)、
おばちゃんはすぐもってきてくれた。嬉しい!
その後で、そのおばちゃんは私のところに温かい豆漿(豆乳)を持ってきて置こうとした。

なので、頼んでないと首を振って阻止。他のテーブルを回るも誰もオーダーしてない様子。
おばちゃんは首をかしげながら厨房で伝票チェック。そして返品。
ずっと見ていて私は、あっ!と思った。最初にオーダーを取りに来た店員(若い子)、私が油條(揚げパン)と言ったのを豆漿(豆乳)と聞き間違えたのかも。
そう言えば、彼女、オーダー取った後、私に「謝謝~」と言っていた。(この店、オーダーの後、何人(なにじん)にも必ず「多謝~」と言うのが決まりらしい。なのに。)と言っても、普通語(北京語)の発音も知らないし、似てるかどうかさえわかんない。豆乳の広東語も知らんしね。

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-28 21:44 | HK1週間
Hong Kong #14 六日目/後

両手にスーパーの袋をかかえたまま、早めの夕食のため糖朝へ。
(東京青山にも店有り。東京の店はさすがにスーパー袋下げて入れない雰囲気漂う。)
滞在中、一度は来ようと何度か店の前まで来ていたけど、早い時間にきても
遅くしても店の前に行列が。ほぼ日本からの観光客と見た。(日本語が飛び交っていたから)
サービス料を取られるからデザートだけだとアホらしいので、絶対食事+デザートで利用するのだーと決めておりました。
で、二人用の席について、メニューの用紙にオーダーする物をチェックして渡す。
私がチェック(オーダー)したのは、先生炒飯と牛肉の湯葉巻き揚げとタピオカミルク。

d0004262_22445036.jpg生菜(レタス)の油菜はみつけられなかったので、書いて見せたら、店の人が見つけてチェックしてくれた。

最後の晩餐だし、気合十分だったけど、炒飯がきて言葉を
失う。
量が、量が・・・、量が多すぎるんだよーーーー!早くも後悔。
先生炒飯とは、味付けにえびみそを使った炒飯。ちょっとくせのある香り。私は全然平気。
美味しく戴く。だけど、具材のこのちょっとピンクのチャーシューがダメだったりする。

d0004262_22472164.jpg 湯葉巻き揚げ、美味しかったけど、そんなにカラッと揚がってなくてちょっと残念。一番美味しかったのは何と言ってもレタスの油菜!このしゃきしゃき感!オイスターソースと絡まって絶妙!わしゃわしゃ完食。
 ポーレイ茶(プーアール茶)を何杯も飲んで、デザートのタピオカココナッツミルクが来た時には既にお腹ぽんぽん。(私が残したのは炒飯のチャーシューだけ。←でも結構大量。)

d0004262_22491376.jpgお粗末なタピオカミルク(←密かにかなり恕ってたりする)も残したけど、
余りにお腹が苦しくて足を
延ばして座ってたら、お店の
おばちゃんと目があったので、ジェスチャーでお腹ぽんぽんやねん!
ってやってみせたら、すごい
早口で、空いたお皿を一つづつ指しながら、そりゃ~あんたそれは一人で食べ過ぎやで~みたいな事を言いながら(推測)笑われた。なので私もねーねー(韓国語で「はい」の意)言いながら頷いて笑う。
営業時間中に床掃除担当のおばちゃんが掃除。お客さんが食べていてもお構いなし。
滑りやすくなった床を早速お店の男の子が滑って激しく転倒。お皿は割れるしテーブルの調味料はこぼれるし。なのに彼の同僚達は笑ってるし。うーんおおらかですね、香港は。
(と言う事にしておこう。)

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-27 01:45 | HK1週間
Hong Kong #13 六日目/中

灣仔からスターフェリーでチムサーチョイへ。
海側で写真を撮ってから一駅向こう(佐敦/ジョーダン)へ向かってぷらぷら歩く。
佐敦には、大きな中華百貨店(地下は中華食品マート)があるから、お目当てはそれ。
でも、お皿もコップも思ったより安くなくて、そんなに惹かれるものもなかった。
中華な匂いが充満したマートでもこれっていう面白いものは見つけられず。

その代わりなのか何なのか、チム方面へ戻る途中で立ち寄ったスーパーマーケットで
安くなっていた柚子茶や辛ラミョンetc.をどかんと買ってしまう。
(あんたそれ持って海渡って帰る気?みたいな量。汗)

d0004262_2210788.jpg
今日は久々に快晴!
少し霞んでいるけど。暖かいし嬉しい!と言っても帰国は明日。くぅー。
左端にお坊さんが。(勝手にタイから?と思ってしまった。)

d0004262_22235623.jpg


More
[PR]
by yumrico | 2005-02-27 00:37 | HK1週間
Hong Kong #12 六日目/前

いよいよ帰国が迫ってきた。本日ラストスパート。
午前中に宿近くのIKEAで買い物。
その後、トラムで湾仔(ワンヂャイ)へ。
地球の歩き方にも載っていた金鳳茶餐廰(ガムフォンチャ-チャンテン)を目指す。
たぶんこの辺という場所だけ頭に入れてきたので、もし見つからなかったらすぐあきらめようと思っていたけど、発見!非常に嬉し。茶餐廰(軽食からちょっとした料理まで食べられる喫茶店のような大衆食堂のような店)の老舗らしい。
お目当ては、パイナップルパン!勿論バターも追加で。(厳密には間にサンド状態。)
(*パイナップルパンと言ってもパイナップルの味はしない。ぼうろうぱん。)
これをがしがしフォークで上から押さえつけて食べるのが香港流とか。
d0004262_2211629.jpg
ふかふかで美味しい~。パンやパイは奥で手作りされている。時間によってはアツアツを食べられる。温かいナイ茶(みるくてー)を頼んだんだけど、後から、この店のこだわりの濃厚アイスコーヒーとアイスミルクティーの存在に気付く。それに気付いたのは、店の人と話している時に、「日本人なのにどうしてアイスコーヒー頼まないんだ!?」と冷やしたコーヒーを指差して言われたから。
嗚呼!すっかり忘れていたよぉ。本にも必飲!と載っていたのにぃ。

つーかね、店のにーちゃん、最初いきなり、「たいわ~ん?」って聞いてきたから「のー」と言ったら「しんがぽ~る?」って。又も「のー」と言うと、暫し沈黙。
なので、「ふろむじゃぱん」って言うと、通りすがりの別の店員も同時に「じゃぱに~ず!?」とでかい声。(なんでやねん。)その後、上の質問に続く。

それから色々質問されて、私も日本人がきたら必ず頼む食べ物を聞いたり、メニューを指差して中身を聞いたりした。

次、茶餐廰に来たら他の料理を絶対食べたいとメニューを見つつ思ったのでした。

d0004262_21534867.jpg

 灣仔警察署↑。スターフェリー乗り場へ向かう途中でぱちり。
[PR]
by yumrico | 2005-02-27 00:12 | HK1週間
Hong Kong #11 五日目/後

1月6日(木)

片手にIKEAの袋(持ち金は皆無。なのでカードでお買い物)、もう一方には郵便局の袋を
下げ、調べておいたバス停(往路とは別)へと向かう。
が、しかーし。なかなか辿りつけず。迷っているとシティホールと図書館に到着。
とりあえず写真。
その後もかなり歩き捲る。

d0004262_1184778.jpg引き返して他のバス停へ行ってみたけど、やっぱり違う。思い切ってOL風の女性に聞いてみる。
流暢な英語の彼女は土地の人ではないようで、たぶんこっちだと思うけど・・・・わからないとの事。
他の人に聞くから。兎に角ありがとう。とお礼を言って歩き出した後を彼女が追ってきた。
なんとわざわざ別の人に聞いて走って私に教えにきてくれたのだ!感激。
ようやくたどり着けたバス停、結局乗りたかったバスはラッシュアワーのみ運行だった為、乗れず。がくっ。(どんだけ待ったと思ってんねん!ってその前に気付けよ、自分!みたいな。)
その後、モンコックまでバスそれから地下鉄で宿へと戻る。こんな事なら最初からKCR(鉄道)で帰ってくればよかった~。

荷物を置いて休憩もそこそこにトラムでハッピーバレーへ。
ハッピーバレー行のトラムは競馬場の横を通り過ぎる。水曜はナイトレース開催。という事は、2階に乗れば競馬場が見えるんじゃないのか!?と言う事で、何が何でも水曜の今晩行きたかった。が、しかし、微妙に見える程度だった。(すんごい明るかったけどね。)
d0004262_131768.jpg
ハッピーバレー到着後、ぷらぷらと散策。確か有名なお粥屋さんや一日中食べられる飲茶屋さんがあるはずなのだけど・・・・ガイドブックを又持ってこなかったのでわからず。
(もしやミシュランの隣のお店って・・・・・・有名店?ちょっとだけ写っている。)

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-26 02:01 | HK1週間
Hong Kong #10 五日目/中

大きな郵便局で、ぷちぷち付の様々な大きさの封筒をかなり買い込み、手持ちのお金を確かめると、HK$15ドル(約210円)位になっていた。一度、宿に戻ろうか迷ったけど、予定通り、このまま博物館と香港で一番大きいIKEAのある新界エリアの沙田/シャティンへ行く事に。

c0036288_20502632.jpgとりあえず、
対岸へ渡るべくスターフェリー乗り場へ
(のつもりが、間違って、中国大陸行の
フェリー乗り場へ行ってしまう。(香港も中国大陸だけど。)
←その途中で撮ったのがコレ。

c0036288_2131136.jpg結構引き返して尖沙咀(チムサーチョイ)行のスターフェリーに乗る。その後、尖東
(チムトン)からバス乗車。
沙田へ!

バス乗車中、
学校を発見→

バスに乗って
約30分後、
沙田の南の端(おそらく)に到着。
そこからてくてく歩いて、線路と川を渡り香港文化博物館へ。
c0036288_21125539.jpg
本日水曜は無料拝観日也。
公開中の展覧会を予めフリーペーパーでチェックして見たいと思っていたので来れて嬉し。
(*D.O.G.という雑貨屋etc.にフリーペーパー置いてます。参考までに。)

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-25 00:40 | HK1週間
Hong Kong #09 五日目/前
1月5日(水)

香港滞在も残すところ後僅かになってきて、あせる私。
兎に角、3日に葱生姜麺を食べた羅富記へ再び行く。
撈麺/ロウミン(汁なし麺)を食べねばならんのだ。雲呑撈麺を!
店のオーナーらしきおじさんは、覚えているのかいないのか私と目が合うとニーッと笑った。
釣られて私もニーッと笑う。

c0036288_19521767.jpg昼には少し早いけど、それでも相席でなんとか席確保。
目の前に雲呑撈麺が運ばれてくるまで、私は知らなかった。雲呑だけでなく油菜/ヤウチョイが麺の上に乗っていると言う事を。
(+スープ付)
くーーーーっ。

知らずに・・・・・・、知らずに別で油菜オーダーしちゃったよぅ~~~~~おっとけー!

c0036288_19583040.jpgどっからどう見ても量が多いっす。(麺と同じ皿に山盛り)
この葉っぱは、菜心/チョイサム。葉より茎の部分が美味しい(と私は思う)。太くてブロッコリーの芯みたいな食感。
クセがなく、オイスターソースと良く合う。
この数日、野菜不足の私、根性入れて完食を目指す。込み合う店内で、オーナーらしきおじさんは私のところへ来て、小さなお皿にテーブルに備え付けの赤いお酢(厳密には赤紫)と少量の調味料(五香粉かな?)を振り入れ「雲呑つけて食え。」と言った(たぶん)。
なるほど。香港人はこうして食す訳だね。(・・・・・・でも私、その酢の味、嫌いなんだよねぇ。)
とりあえず、雲呑1個だけトライしてつけて食す。
うん、やっぱりダメだ。ないほうが私の口には合うっす。

スープと油菜の葉っぱの部分を少し残しただけで(ほぼ完食!)、店を後にする。
少し歩いて中環(セントラル)の郵便局へ向かう。(横っ腹痛い・・・・・・。)

c0036288_205859.jpg

[PR]
by yumrico | 2005-02-24 00:38 | HK1週間
Hong Kong:#08 四日目
1月4日(火)

昨夜、疲れているのにふらふらと銅鑼灣を長時間うろつき、スーパーマーケットで値引きされた焼きたてのピザブレッドを夜食にほおばり(頭痛がするなら早く寝ろっていうの!)夜更かししていたら、案の定、朝になっても調子が悪く、寝起きから頭痛。腰も痛すぎ。
結果、昼過ぎても部屋でごろごろの巻。

c0036288_23365477.jpgこの日の遅めの朝食(というか
遅めの昼食)は、お粥と油條/やうてぃう(揚げパン)。
お魚のお粥(下に具が一杯入っている。)をオーダー。先にきた揚げパン(甘くない)を少し食べて待ち、お粥が来たら粥につけたり浸したりして食す。
味のアクセントになってお粥が更に美味しくなる。(*油條は間違っても一人で食べる量じゃない。2人で半分づつでも多い気が。)
お粥をつい、かき混ぜてしまいネコ舌の私は大変な事になる。
最初は上の冷めたところから食べないと、お粥って想像以上に熱くてヤケドする事必至。
(そんな事全然知らなかった。日本で食べた中華粥はそんなに熱くなかったっけな。)

c0036288_129185.jpg灣仔へ向かう。
(銅鑼灣の
一駅隣。)

エルメストラム発見~!→

いろんな問屋街があるので散策。
お目当ての器のお店は改装中でやってなかったので、もう一つの目当てのタオル問屋を目指す。又もどっから来たん?と尋ねられる。
(ホンマに「日本人?」って聞かれる事ないわ。)

c0036288_002275.jpgタオル屋で、日本人と言うと、
素早くそれじゃあコレとコレを探しにきたんやろうと本に載ってたタオルをもってくる店のおやじ。
(どうやら色んな本に取り上げられているようで、ほら!とガイドブックまで見せられた。)
他にも買いたいから他のも見ると言うと、君は香港に住んでんのか?とか幾つか質問された。


↑薬屋さんのショーケース?の中の薬棚。全部本物の薬やろか・・・・と思ってしまうネ。

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-23 23:26 | HK1週間
Hong Kong:#07 三日目/後
その後、中環(セントラル)方面へ向かう途中、少し海側へ戻って羅富記という麺とお粥の店へ。そんなにお腹は減ってなかったけど、超人気店なので、中途半端な時間に行ったら座れるかなと。(上環行きのトラムに乗ってる時も昼時とはいえ、店の前に列ができていて、すぐ店の場所を発見できた位。)丁度、腰も痛くなり始めていたので休憩も兼ねて行く事に。
(後で相席になったけど座れた。)
c0036288_74243.jpg

葱と生姜の麺。シンプルだけど非常に美味しい。スープ付。
葱生姜麺をオーダーすると、店のおじちゃんに聞かれたから「日本人」と言うたら、葱生姜+魚が入った高い方の麺を勧められる。「こっちもすごい美味しいで」とか何とか。
(*日本人は皆、葱生姜麺を注文するのかな?)頭痛も忘れる程の旨さでした。

又も山側エリアを目指す。ながーくて有名なヒルサイド・エスカレーターでソーホー(SOHO)
へも少し足を踏み入れつつ、中環、蘭桂坊(ランカイフォン)をぷらぷら。

c0036288_145325.jpgさすがにまだ 早いようで、
happy timeにもなってなかった。(各国のバーや料理屋さんがある。欧米人率高し。)

途中、又も頭痛と腰痛の為、
カフェでゆっくり休憩。


c0036288_1124953.jpgフリンジクラブ
←(artの発信地とか。ギャラリー・レストラン・ライブハウスetc.)

この辺、カーペットやインテリア、ギャラリー・骨董品屋さん等が並んでいる。



この後、近くの市場を通り抜け、マークスアンドスペンサー(英国系デパート)へ立ち寄り
トラムで一旦銅鑼灣にある宿ヘ。

More
[PR]
by yumrico | 2005-02-23 02:05 | HK1週間
Hong Kong:#06 三日目/前
1月3日(月)

*朝御飯にシンプル炒麺を食べたのは、2日でなく3日だった。2日(昼前)に食べた物はと
いうと、牛乳プリン。(すっかり勘違いしていた。)有名な牛乳プリン屋さんがあるのでそこで。

c0036288_4291177.jpg昨日より少し早起きして、激安シンプル炒麺を食した後、近くの郵便局へ。それからトラムに乗って、上環/ションワンを目指す。
←トラムを待っている時に停留所からパチリ。

上環にあるウェスタンマーケット(色んな店舗の入った建物)の
一角に行きたかった甜品屋(甘味処・デザート屋さん)の手造甜品を発見!即行入る。

c0036288_4423647.jpgそして私が迷わず頼んだモノそれは、
熱・芝麻糊(温かい黒胡麻汁粉)!湯圓/湯丸(白玉よりやわらかい団子)入り!2日に食べた店のより器も湯丸も大きかったように思う。(つまり量が多い。)
でもでもでも!ココの湯丸の中身は、昨日と違う!ピーナッツと白胡麻の餡!これが激うま!甜品屋さんって、他のメニューを見ても基本的に身体に良いデザートを扱っているようで、甘さが控えめになっている。素材を生かしたやさしい甘さ。

c0036288_5113027.jpgその後、上環の山側へ向かって、
てくてく歩く。
暫くして突然頭痛が。
徐々にひどくなって行く。

←お天気もこの時点ではまだ大丈夫
だったけど、その後、文武廊(お寺)へ着いた頃にはかなり悪くなっていた。お寺の横の道(すぐ階段になる。)を少し行ったのがコレ↓(全然明るさが違う)

c0036288_0464463.jpg中華な寺院というのは、日本のそれと比べるとやたら派出で、文武廊は、仏像の手前両端にぴこぴこ光る電飾の置物が対で置かれていたりして、何かもう胡散臭く見えて仕方ない。
中央には、大きな渦巻状のお線香が一杯上からぶら下がっていて、線香の匂いとけむりがすごかった。その光景も本当に撮りたかったけど、近くでおばあさんが2人熱心にお祈りしているのにその横で写真を撮るのはどうかなと。なのでやめました。
[PR]
by yumrico | 2005-02-18 01:18 | HK1週間